横須賀学院小学校 紹介

教育理念

小中高12年一貫教育のキリスト教学校です。
建学の精神: 敬神・愛人
生活目標: 誠実・努力・奉仕
教育目標: 愛を育み、愛を実践する子どもの育成

スクールデータ

住所: 横須賀市稲岡町82    

電話: 046-822-3218


アクセス: 

京浜急行 横須賀中央 徒歩15分

JR 横須賀線 横須賀駅よりバス


校長先生: 小出啓介 先生       学校HP: こちら


創立:1950年    昼食:弁当・給食    

制服:あり    児童数:179名

 

特徴と特色

☆すべての学習は、実体験をもとに
子どもたち自身が経験し『分かる』ことを学習の基本としています。教科書に載っているからとか、教員に教わったから、と言った一方向で机上の情報は、本当の意味での理解には繋がらず、「分かったつもり」になりがちです。子どもたちが考え、実際に経験することで学んだものは、確かな知識として蓄積され、さらに『知りたい』『学びたい』という知的好奇心を刺激します。本校は子どもたちの実体験の時間を大切にします。

 

 

☆世界の友だちに伝えたい、外国語学習
英語はあくまで、多くの外国人とのコミュニケーションツールです。だからこそ今を生きる子どもたちには、英語を使って世界の子どもたちと交流してほしい。思いを伝え、相手の思いを理解することに喜びを感じてほしいと考えます。その準備として、2年生までは毎日英語の授業を設定し、フォニックスを身につけた上で、3年生からトラベルテディプロジェクトを皮切りに多くの国際交流プロジェクトに参加します。世界の同世代の子どもたちと共に様々なプロジェクト学習を進める中で、子どもたちはそれぞれの国の文化や生活習慣を正しく理解し、違いを認め合う心が育まれます。本校では「英語を学ぶ」ことではなく、「英語で学ぶ」時間を大切にしています。

 

 

☆考えを深め合う、こども哲学
情報化社会の中で、検索能力を身に着ければ「正解」を手にすることができます。そして、それはすぐに共有のものとなるでしょう。しかし、同時に転換期の社会でもあります。そこでは、いかに魅力的な「なぜ」を発見することが新しい社会を作るために必須のことがらです。本校では1年生から自分の「なぜ」を言葉にすること、友だちの「なぜ」を傾聴することを当たり前のものとして学校生活を送ります。生活科の授業の中で、あるいは教科を横断して毎月「こども哲学」の時間を持つことで、自然と「考える」習慣が定着していきます。

 

プチ自慢はこれ!

☆姉妹校である台湾の小学校と相互訪問しています
トラベルテディプロジェクトの相手校として2016年に交流した台湾の大村國民小學とは、その後もビデオ会議などを通じて様々なプロジェクト学習を共同で行ってきました。また両校の子どもたちが相互訪問するなど、交流はさらに深められてきました。この経緯から、今後さらに教科を越え学校間交流としてさまざまな学習を共同で進めていきたいという両校の思いから、2020年2月に姉妹校協定を締結しました。今後も様々な学習が進められるほか、学校生活やホームステイを主体とした相互訪問が予定されており、子どもたちも楽しみにしています。

 

 

☆ニュージーランド短期留学が始まります
英語を使って実際に世界のお友だちと交流することを目的として、2020年8月よりニュージーランド短期留学が始まります。全9日間にわたる短期留学では、バディと学校生活を共にし、ホームステイで家族との時間を過ごす中で、ニュージーランドの文化や生活習慣を学ぶだけでなく、英語でのやりとりが子どもたちにとって自信とさらに学ぶ意欲に繋がるはずです。

 

 

☆チャペルにパイプオルガンが設置されます
横須賀学院は2020年に創立70周年を迎えます。これを記念して、チャペル内にパイプオルガンが設置されます。このパイプオルガンはカール・シュッケベルリンオルガン製作所のもので、NHKホールで使用されているオルガンと同じメーカーのものです。20を超えるストップ数のオルガンが三層吹き抜けのチャペルに設置され、日々の礼拝の奏楽に使用されます。

 

 

人気行事はこれ!

☆民泊、グループでのフィールドワーク、全学年宿泊行事
1年生から始まる本校の宿泊行事は、地元では経験することのできない環境の中で、グループでの実体験を主体とした活動が行われます。また民泊を実施し、その土地での生活をそのままに体験します。こうした経験の積み重ねにより、子どもたちの友情が深まるだけでなく、様々な地域の方々との交流がお互いを信頼し合う関係へとつながります。

 

 

☆勝利を目指して真剣勝負、運動会
全児童が二組に分かれ、優勝を目指して本気で勝負するのが本校の運動会です。結果としての「勝った」「負けた」に注目するのではなく、優勝に向けて全力で準備し、練習を重ねる中で、お互いのがんばりを認め合い支え合う心が育まれます。そして本番で全力を出し切り、勝った組の児童は本気で喜び、負けた組の児童は心から悔しがりますが、この経験がその先の成長へとつながります。

 

 

☆横須賀学院全学で行われるクリスマス・ページェント
創立以来続けられる聖誕劇形式の礼拝であるクリスマス・ページェントは、本校の小学生から高校生までが参加し、本校チャペルで全学で行われます。

 

最新情報!


◆学校説明会
・第1回 2月22日(土)9:30~11:30 授業公開日(申込不要)


・第2回 5月16日(土)10:00~12:00 体験型授業・行事について(Web申込)


・第3回 6月13日(土)9:30~11:30 授業公開日・コンピュータサイエンス(Web申込)


・第4回 7月4日(土)10:00~12:00 入学試験について(Web申込)


・第5回 8月29日(土)10:00~12:00 国際交流・外国語教育(Web申込)

 


◆入学試験(すべての試験の出願はWebで受け付けを行います)


 A入試 10月20日(火)
 B入試 10月21日(水)
     出願期間9月1日(火)~9月20日(日)
 C入試 11月7日(土)
     出願期間10月22日(木)~11月4日(水)

 

 子どもたちは実体験を経て、それを振り返り「言葉」として定着させ、更に次の学びへと向かっていきます。その繰り返しが本当の意味での「主体的」な学びに通じていく、横須賀学院小学校はその機会を大切にしています。どうぞご来校くださり、その豊かな学校の雰囲気を感じてください。

Q&A

(2020.5.21掲載)

休校中の対応を教えてください。

 

①休校中の対応
まず、保護者全員に、Onlineでの学習環境が必要になるので、ネットに接続できる環境を整えてもらいたい旨のメールを3月下旬に送信しました。 その後、4月から、Zoomを利用したHRを行っています。月・水・金は学年ごとに時間をずらして、10分程度のものですが、担任の先生だけではなく、副担任の先生など複数で参加して進行をサポートしています。 そこでは、HR礼拝から始め、課題の確認や、なにか困ったことはないかといったメンタルのケアも含めて行っています。 火・木は、やはりZoomを利用して全校礼拝の時間を守っています。

 

②休校中の学習について

授業は英語科は双方向性が重視されるので、Zoomでのリアルタイムでの授業を週に1時間行っています。やはり、ネイティブの教員が主になりながも、複数の教員がサポートし、進行を助けています。 その他の教科では、YouTubeで動画配信を行い、ロイロノートという授業支援ソフトを使って課題のやり取りを行っています。 また、課題や授業内容などが一覧できるようにPadletという、これまで英語科が2013年から使ってきたインターネット上の掲示板を利用しています。

 

③その他の取り組み

アンケートを取り、フィードバックを行っています。また、随時対応が出来るように、ネット環境、接続などに関する質問とメンタルケアの面での相談用のメールアドレスを作りました。今後は、Online上での保護者面談や、保護者会などを展開していきます。 また、先日5月16日に予定していた「第二回学校説明会」は、前半にYouTubeでのライブ配信を行い、後半はZoomでの質疑応答の二部構成で、やはりOnlineで行いました。前半のYouTubeライブ配信部分は、編集をして公開する予定です。

 

 

 

★中止連絡

2020年5月6日開催予定でした『神奈川私立小学校フォーラム』は、新型コロナウイルスに関する昨今の社会情勢を鑑み、中止とさせていただきます。 詳しくはこちら

 

・質問49 森村学園初 『校舎について』回答はこちら

 

・質問48 湘南白百合学園小『アフタースクールについて』回答はこちら

 

・質問46、47 森村学園初 『面接について』回答はこちら

 

・質問45 聖セシリア小『内部進学と外部入学について』回答はこちら

 

・質問44 桐光学園小『休校中の対応について』回答はこちら

 

・質問43 湘南白百合学園小『朝の登校時間について』回答はこちら

 

・質問42 精華小『カリキュラムや行事の変更について』回答はこちら

 

・質問41 清泉小『アフタースクールの送迎について』回答はこちら

 

・質問40 青山学院横浜英和小『食物アレルギーについて』回答はこちら 

 

・質問39 清泉小『カリキュラムや行事の変更について』回答はこちら

 

・質問38 横浜雙葉小『願書購入について』回答はこちら

 

・質問32~37 

日本大学藤沢小 回答はこちら

 

・質問31 湘南白百合学園小『英語授業について』回答はこちら

 

・質問30 捜真小 『女子の外部進学について』回答はこちら

 

・質問29 桐蔭学園小『小麦の産地について』回答はこちら

 

・質問28 カリタス小『図書利用について』回答はこちら

 

・質問27、26 精華小 『中学受験について』回答はこちら

 

・質問25 森村学園初『図書利用について』回答はこちら

 

・質問24、23 相模女子大学小『図書室について』回答はこちら

 

・質問22 青山学院横浜英和小『障害児受け入れについて』回答はこちら

 

・質問21 清泉小 『男児の進路について』回答はこちら

 

・質問20 捜真小 『男子の進学について』回答はこちら

 

・質問⑲ 聖セシリア小

『男子児童について』回答はこちら

 

・質問⑱ 桐蔭学園小 回答はこちら

 

・質問⑰ 聖ステパノ学園小 『費用について』回答はこちら

 

・質問⑯ 清泉小 回答はこちら

 

・質問⑮ 聖ヨゼフ学園小 回答はこちら

 

・質問⑭ 横浜雙葉小 『海外赴任・復学について』回答は こちら

 

・質問⑬ 湘南白百合学園小 『通学制限について』回答は こちら

 

・質問⑫ 横須賀学院小 回答は こちら

 

・質問⑪ 聖マリア小 回答は こちら

 

・質問⑩ 湘南白百合学園小 『英語教育について』回答は こちら

 

・質問⑨ カリタス小 回答は こちら

 

・質問⑦⑧ 湘南白百合学園小 回答は こちら

 

・質問⑥ 横浜雙葉小 『他学年との交流について』

回答は こちら

 

・質問⑤ 湘南白百合学園小 『休校中の授業について』

回答は こちら

 

・質問④ カリタス小
『男子の進学について』回答は こちら

 

・質問③ 青山学院横浜英和小

『休校期間中の授業について』

回答は こちら

 

・質問② 洗足学園小

『入学後の通塾について』

回答は こちら

 

・質問① 精華小

『緊急事態宣言中の休校時対策について』

回答は こちら