清泉小学校 紹介

教育理念

『神のみ前に 清く正しく 愛深く』
勉学だけでなく、キリストの教えられた永遠の価値を目指して生きる尊さを子どもに教えます。日々の教育活動は宗教教育、総合学習、自然教室活動の三つを柱としています。

スクールデータ

住所: 鎌倉市雪ノ下3-11-45    

電話: 0467-25-1100


アクセス:JR 鎌倉駅 徒歩20分

   京急場バス、鎌倉駅から「岐れ道」下車徒歩3分

  金沢八景駅より「鎌倉駅」行乗車、「岐れ道」下車徒歩3分


校長先生: 大西 貞弘 先生        学校HP: こちら

 

創立:1947年    昼食:弁当    

制服:あり    

児童数:男子90名・女子464名・合計554名 ※2019年度児童数(見込)

特徴と特色

☆カトリック学校であること
本校はキリスト教精神を基盤として、日々あらゆる学校教育活動に当たっています。「積極的に周りの人々に喜びを広げていく人、善悪を正しく判断し、人の幸せのために自らを捧げられるような人=『誠実なこども』の育成に努めています。

 

☆子ども一人ひとりを大切に
教師は、子ども一人ひとりを大切にし、子ども一人ひとりを伸ばし、生かすように努めます。   
教育は教師の感化的影響によって果たされることが大きく、私達の至らないことをいつも反省し、日々厳しい研修を努める教師集団です。

 

☆本校の「学力観」
私達は、学力を単に知識の量とその集積とは考えていません。 子どもたち自身が自ら課題をもってその理解と解決をわが事として取り組む心構えこそ、学力の大事な要素と考えています。


◎ 基礎学力:
すべての学習の土台となる「読む、書く、計算、聞く、話す」の5つを基礎学力として低学年より反復練習を繰り返し徹底させます。

 

◎ 総合学習:
教師が子どもに一方的に教えるのでなく、子どもの心の底にある「伸びたい」「やりたい」と臨む自然な気持ちを下に展開する必然的創造的な学習=「総合学習」の充実に努めています。
低学年→自然をテーマにする事が多く、生き物を飼う活動が展開されています。(ウサギ、カメ、ウマ、モルモット等)
中学年→鎌倉をテーマにして歴史、名所旧跡、自然等を自主的に調べ、まとめます。
高学年→学校行事等の企画・運営を行います。

 

☆自然教室の活用
本校は三浦半島にもう一つの学校「自然教室」を持っています。
広大な緑豊かな「自然教室」で1年を通じてさまざまな直接的具体的な体験を沢山します。自然に親しみ、豊かな自然教室の中で生活する事によって豊かな心を育みます。

 

☆読書指導の充実
1年生は週2時間、2年生~6年生は週1時間の「読書」の時間があります。低学年は1つの教室に3~4名の教師が入って個別指導をしています。3年生以上は図書室を使って読書します。
※ 「清泉の100冊」本校教師が推薦する子どもたちに読んで欲しい本100冊をリストアップしたものを全員が持ち、6年間に読むことを目標としています。

 

☆英語指導の拡充

1年生、2年生は週3時間、3年生は週4時間、4年生~6年生は週5時間の授業があります。毎日英語にふれることにより、英語によるコミュニケーション能力、国際的感覚を養っていきます。

 

プチ自慢はこれ!

☆鎌倉幕府跡にある学校
本校は、今から約800年前源頼朝が鎌倉幕府を開いた由緒ある地にあります。もしかすると、頼朝が歩いたところを私達も毎日あるいているかもしれません。

☆恵まれた自然環境の学校
学校の周辺は、大倉山や衣張山などの山並みを望み、また、近くには八幡宮、荏柄天神、大塔宮、頼朝の墓などの名所・旧跡が点在している1年を通じての大変自然に恵まれた環境です。

 

☆明るい温ったかい子どもたち  
本校を訪れる人のたくさんの方々は、「明るい子どもたちだ。」「よく挨拶をする礼儀正しい子どもたちだ。」「学校がとっても温ったかい雰囲気がある。」等よく言ってくださいます。 清泉の一番の宝物、自慢は子どもたちです。

☆字の上手な子どもたち  
低学年から、「字を正しく丁寧に書く」ことに力を入れています。
一字一字を心を込めて書くことにより、字が上手になるだけでなく、なんでも丁寧にじっくり集中する力も自然と身につけています。

 

☆三浦自然教室での活動 
自然いっぱいの自然教室では、1年を通して何回も子どもたちが育てた野菜や稲を収穫したり、みかん狩りをしたりします。
また、1年に2回のお泊り合宿もあります。さらに、広い芝生のグランドでは全校生徒の運動会(秋の集い)もあります。

最新情報!

2020.4.17更新

 

1…5月16日に予定しておりました第1回学校説明会は中止といたします。

 

2…5月30日に予定しておりました「自然とあそぼう〈春〉」は7月23日に変更いたします。

 

3…8月29日の「個別相談会」を「学校見学会・個別相談会」とします。

 

以上が現在決定している事項です。 今後の動向で、その他のイベントにつきましても変更する場合がありますので、 本校のHPをご確認ください。

 

 

Q&A

(2020.6.23)

①大船校のアフタースクールは鎌倉駅から大船駅まで一人で移動と聞きました。一年生の4月の初めは親が会社を休んで、アフタースクールまで送り届けなくてはならなのでしょうか?

 

②学校内のアフタースクールを利用した場合は、下校時は鎌倉駅までバスで送っていただけるのでしょうか?

 

③大体の自然教室の送迎時刻を教えてください。親は子供を自然教室に送ったあと、一度帰宅し、迎えに行くという形なのでしょうか?それとも親も参加するのでしょうか?

  

アフタースクール大船校までは、お子様が慣れるまでは本校の教員が大船駅までお連れいたします。

大船駅改札口にて、アフタースクールの担当の方にお子様を迎えていただく形をとっております。大船駅までは、アフタースクールをご利用になっている方でまとまって移動しております。

お子様が慣れきましたら、鎌倉駅まではお連れいたしますが、大船駅までは自分たちで移動します。大船駅では改札口で同じように担当の方が迎えてくださいますからご安心ください。ですから保護者の方がお子様を送り届ける必要はございません。

学校とアフタースクールでは毎日「今日は何名、だれとだれがアフターを利用するか」等の連絡を取り合っております。アフタースクールを利用される方がお一人、ということもあり得ますが、他の児童と下校が一緒になりますので、鎌倉・大船間一人だけの移動ということはほとんどありません。

 

学校内のアフタースクール「フエンテ」をご利用いただく場合も、帰りは直接お迎えに来ていただくことになります。

お預かりしたお子様を直接保護者様に引き取っていただくことが最も安全と考えております。なお、フエンテは学校の駐車スペースがありますので、お車でのお迎えが可能です。

 

3年生までは、自然教室には学校からスクールバスを利用して向かうことになっておりますので、通常登校となります。帰りもスクールバスあるいはチャーターバスを利用し、葉山御用邸前、逗子郵便局前、鎌倉駅等での途中下車を可能としております。ですから保護者による送迎は原則ございません。ただ、合宿の時は、帰りのお迎えをお願いしております。

合宿2日目は児童が「お迎えの会」というものを準備し、お迎えに来てくださる保護者様のお昼ご飯を準備して待っております。  

4年生以上は合宿も含め、現地集合現地解散となります。

 

(2020.6.22掲載)

働き方改革による職員の勤務時間縮小などによるカリキュラムや行事の変更はありますか?

 

 

働き方改革に伴い、教職員の勤務時間を、会議等を厳選する形で縮小する方向に動いております。

カリキュラム、行事については概ねこれまで通りを維持しております。しかし、行事の準備、行事開催につきましては、他の授業を圧迫しないよう配慮しております。 本校の1日の様子、年間の主な行事につきましてはHPをご参照ください。

 

(2020.6.9掲載)

2019年度の男子の進学先を教えてください。

また、中学受験に備えて貴校で対策をしている事はありますか?

 

 

①: 2019年度の男子の進学先ですが、 開成中学、暁星中学、中央大附属横浜、鎌倉学園、逗子開成、法政大第二、横浜市立南高附属、藤嶺学園藤沢、山手学院、茗溪学院、地元公立 となっております。 例年、上記学校以外に、栄光学園、慶應普通部、サレジオ学院、浅野中学、公文国際学園等にも進学しております。 2019年度は地元公立に進んだ児童もおりましたが、ほとんどの児童が私立中学に進学いたします。

 

②: 本校では、5年生より男女別の授業時間も設けております。男子は小学校を卒業すると、それぞれの新しい学校へと進学していきます。男子のみの時間を設けることで、それぞれが個々に抱いている目標に向かっていく姿を認め合い、互いに励ましあって努力を重ねる時を共有し合います。時には中学受験で出題された過去問を解きあうなどのことを行っております。  

本校では、低学年から物事を一つ一つ丁寧にやり遂げる基礎学力の定着に力を入れております。コツコツと努力を重ねることで、6年間で自ら学び、追究する力がついていきます。そしてこの積み重ねは結果的に中学受験の成果に結びついていきます。  

子どもたちはそれぞれ独自の個性を持っています。大切なことは、それぞれの進んだ学校で、自らの個性を発揮し、自分の持てる力を惜しみなく発揮することのできる生きる力です。そして、共に生きる仲間を互いに尊重しあい、お互いが共に貴重な存在であることを認め合える人間力です。私たちはそうして身につけてきた個々の力を、今後自分が置かれた場所でどう発揮するか、そして個々の成長に伴い、自分の持っている力をどう他者のために生かしていくかの進路指導に重点を置いております。

本校を巣立った子どもたちは、それぞれの進学先の中学で、着実に力をつけております。そして本校を卒業した子どもたちは、皆共通して中学、高校、大学と進学するにあたり、各自が抱いている将来像を年齢とともに具現化し、確たる目標、信念をもって社会へと歩みを続けています。

 

(2020.5.26 掲載)

緊急事態宣言中の対策について教えてください。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、本校は2月の末から休校措置が取られました。 2019年度卒業式、2020年度入学式は規模を縮小し、予定通り行いました。

4月に入り、各家庭に学年の学習課題等を郵送しました。

1、2年生はYouTubeを使って動画配信、学習に役立つサイト紹介、課題等を日々配信しております。繰り返し視聴し、課題に取り組み、先生に課題を提出する日をとても楽しみにしているようでした。

3年生以上はロイロノートスクールを使い、日替わり、あるいは週単位で配信された動画を見たり、課題を提出したりしております。ロイロノートスクールの提出箱を利用してわからないところを先生に直接質問したり、保護者からの連絡帳として使用したり、日々の様子を知らせたりと双方向の利用も活発に行っております。

学習の振り返りとして小テストを受けたり、作文を提出したり、英語の音読などの音声を吹き込み、発音をチェックしたり、写真を撮ったりと、ノートの作成も日々上達してきました。花丸のついたテストやノートが先生からすぐに戻ってくるのがとてもうれしいという声が聞かれます。

高学年の算数では、Zoomを使用し、自由参加型の特別授業(補習)も行っております。ロイロ動画だけでは十分に理解できなかった部分を特別授業で補っています。その場で質問しながら理解を深めることができる利点を生かしております。

また、5月に入り、定期的にZoomを使っての朝の会も実施しております。先生とお話をしたり、ブレイクアウトルームでお友達同士お話をしたりと久しぶりに顔を合わせる時間を皆とても楽しんでおります。

 

こうしたオンラインやインターネットを利用した学習を進めるにあたり、各家庭のICT環境についてのアンケートを行い双方向のやり取りが可能な環境を作りました。また、兄弟関係や、保護者の端末では使用が間に合わない家庭に対しては、休校中の臨時措置として学校の共用iPadを貸し出しております。

 

★中止連絡

2020年5月6日開催予定でした『神奈川私立小学校フォーラム』は、新型コロナウイルスに関する昨今の社会情勢を鑑み、中止とさせていただきます。 詳しくはこちら

 

・質問49 森村学園初 『校舎について』回答はこちら

 

・質問48 湘南白百合学園小『アフタースクールについて』回答はこちら

 

・質問46、47 森村学園初 『面接について』回答はこちら

 

・質問45 聖セシリア小『内部進学と外部入学について』回答はこちら

 

・質問44 桐光学園小『休校中の対応について』回答はこちら

 

・質問43 湘南白百合学園小『朝の登校時間について』回答はこちら

 

・質問42 精華小『カリキュラムや行事の変更について』回答はこちら

 

・質問41 清泉小『アフタースクールの送迎について』回答はこちら

 

・質問40 青山学院横浜英和小『食物アレルギーについて』回答はこちら 

 

・質問39 清泉小『カリキュラムや行事の変更について』回答はこちら

 

・質問38 横浜雙葉小『願書購入について』回答はこちら

 

・質問32~37 

日本大学藤沢小 回答はこちら

 

・質問31 湘南白百合学園小『英語授業について』回答はこちら

 

・質問30 捜真小 『女子の外部進学について』回答はこちら

 

・質問29 桐蔭学園小『小麦の産地について』回答はこちら

 

・質問28 カリタス小『図書利用について』回答はこちら

 

・質問27、26 精華小 『中学受験について』回答はこちら

 

・質問25 森村学園初『図書利用について』回答はこちら

 

・質問24、23 相模女子大学小『図書室について』回答はこちら

 

・質問22 青山学院横浜英和小『障害児受け入れについて』回答はこちら

 

・質問21 清泉小 『男児の進路について』回答はこちら

 

・質問20 捜真小 『男子の進学について』回答はこちら

 

・質問⑲ 聖セシリア小

『男子児童について』回答はこちら

 

・質問⑱ 桐蔭学園小 回答はこちら

 

・質問⑰ 聖ステパノ学園小 『費用について』回答はこちら

 

・質問⑯ 清泉小 回答はこちら

 

・質問⑮ 聖ヨゼフ学園小 回答はこちら

 

・質問⑭ 横浜雙葉小 『海外赴任・復学について』回答は こちら

 

・質問⑬ 湘南白百合学園小 『通学制限について』回答は こちら

 

・質問⑫ 横須賀学院小 回答は こちら

 

・質問⑪ 聖マリア小 回答は こちら

 

・質問⑩ 湘南白百合学園小 『英語教育について』回答は こちら

 

・質問⑨ カリタス小 回答は こちら

 

・質問⑦⑧ 湘南白百合学園小 回答は こちら

 

・質問⑥ 横浜雙葉小 『他学年との交流について』

回答は こちら

 

・質問⑤ 湘南白百合学園小 『休校中の授業について』

回答は こちら

 

・質問④ カリタス小
『男子の進学について』回答は こちら

 

・質問③ 青山学院横浜英和小

『休校期間中の授業について』

回答は こちら

 

・質問② 洗足学園小

『入学後の通塾について』

回答は こちら

 

・質問① 精華小

『緊急事態宣言中の休校時対策について』

回答は こちら