青山学院横浜英和小学校 紹介

スクールモットー

「心を清め 人に仕えよ」(マタイによる福音書5章6節、20章26節~27節)

学院のスクールモットーは、学院の教育が目指す人間像を表しています。神様によって創造された人間として、自由にしかし誠実に自らの能力を生かし、イエス・キリストに倣って、すべての人間を愛する者として生きることを目標としています。

小学校では、このスクールモットーを基に、4つの教育目標を定めてその具体化を図っています。  

 

神を畏れるこども   

人間を大切にするこども   

考えるこども   

やりぬくこども

 

スクールデータ

住所: 横浜市南区蒔田町124    

電話: 045-731-2863


アクセス: 横浜市営地下鉄 蒔田駅徒歩8分


校長先生: 磯貝 曉成 先生       学校HP: こちら


創立: 1880年   昼食: 給食・お弁当(週1回)

制服: あり     児童数: 391名

特徴と特色

☆教育の特色

2020年4月より、横浜英和小学校の校名が『青山学院横浜英和小学校』となりました。初等教育の小学校の教育目標は、知識の習得にあるだけなく、一人ひとりの心の育ちを促すことになります。本校は、創立以来、「心を清め 人に仕えよ」に表されるキリスト教精神の基づく人の生き方を、体験を通して学び、豊かな精神性を培うことを大切にしてきました。一方大学での高等教育は、広くかつ高度な知識を基礎として研究を深めていきます。研究する大学生に初等教育時代に培われた豊かな人間性があってこそ、次の新しい時代を作り出す人となっていくものと考えます。青山学院大学の系属校となり、これまでの教育内容に大学との連携が加わることによって、子どもたちはどのような未来を創造していくのか。学校、そして子どもたちの未来にご期待ください。

 

小学校教育目標

☆神を畏れる子ども  

神様と向き合う基本姿勢として、神を畏れ敬う心を育てます。そして、私たち一人ひとりは、神様に愛されているかけがえのない存在であることを知り、お互いに愛し、尊敬する心を養います。  毎日、礼拝から一日の学校生活が始まります。心静かに聖書のお話に耳を傾け、神様の恵みに感謝すると共に、自分を見つめ直し、生き方について考えます。


 

☆人間を大切にする子ども  

神様によって創造された一人ひとりは、等しく尊い存在です。小学校での6年間、様々な経験を重ねることによって、誰に対しても思いやりを持って接することができる、豊かな心を育てます。  

月に1回「パンと牛乳の日」を設け、給食のおかずやデザートを我慢して生み出したお金でフィリピン・カンボジアなど発展途上国の子供たち16人をハンガーゼロ(一般財団法人 日本国際飢餓対策機構)を通して里子として支援しています。この活動はすでに30年以上続いています。


 

☆考える子ども  

教えられたことをただ学ぶのではなく、教師や友達と共に考え、共に話し合い、触れ合うことを大切にする授業を通じて、主体的に行動するために必要な考える力を養います。  

理科は、4年生からは専門教師による観察・実験を多く取り入れ、感動から学ぶ授業が行われています。葉山ハートセンターでの心臓手術の見学や城ヶ島の地層観察など、校外学習も行われ、本物に触れる機会が豊富です。

社会科でも、体験を通して学ぶことを重視し、校外学習を多く取り入れています。実際に目で見て、観察することによって、教室での学びをさらに深い学びへとつなげていくことができます。


 

☆やりぬく子ども  

何事も最後までまじめに取り組むことは、子ども達の可能性を大きく伸ばす経験となります。日々の学習、年間を通して取り組む委員会やクラブ活動、学校行事の中で、やりぬくことの大切さを学びます。  

運動面では1年生から体育の授業で、なわとびの指導を行っています学年に応じた検定があり、体育の授業だけではなく、休み時間にもなわとびを持って外に飛び出し、練習をしている姿が見られます。リズム縄跳びは色々な跳び方を組み合わせて音楽に合わせて跳びます。みんなで心を一つにして、息を合わせて跳んだときには、一人ひとりが喜びを感じ、達成感・満足感を得ることができます。


プチ自慢はこれ!

☆充実した英語教育  

創立以来伝統的に英語の授業が全学年で行われてきました。英語の授業は、1年生からネイティブスの教師と日本人教師のチームティーチングで行われますネイティブの英語を耳から覚え、歌を歌ったり、ロールプレイをしたり、楽しみながら英語を憶えていきます。高学年になると、スピーチコンテスト、児童英検に挑戦することができます。スピーチコンテストに参加する児童は、休み時間に練習を重ね、夏休みにも登校して個人指導を受け、ただ単にスピーチをするだけではなく、動作も付けて発表に挑みます。  

休み時間には、ネイティブの先生と一緒にゲームをしたり、遊んだりすることができるので、英語室は人気の場所です。給食を一緒に食べながら身振りも加えて楽しい会話がはずみます。


 

☆小中高との連携授業  

横浜英和学院は、幼稚園から高等学校までを有しています。この特色を生かして始められたのが、連携授業です。中学高等学校の先生方が、小学校の算数、理科、英語の特別授業をしてくださいます。 中学生になっても「あの時の先生」は忘れられません。だから安心して学び続けることができるのです。


☆給食  

本校の学校給食は、1957年から始められ、60年以上の歴史を持ちます。当時の湯本アサ学園長(当時成美学園)は、正しいマナーは、人間同士の楽しい関係を作るものであり、給食の約束を守ることは、大切な教育活動のひとつであると考えました。与えられている幸せと、健康の喜びに対する感謝の気持ちを持つこと、食事のマナーを学び、好き嫌いをせずに食べることを大切にして給食指導を続けてきています。


 

☆YMCA青山学院横浜英和小学校アフタースクール  

子ども達が、放課後、健やかに安心して過ごせる空間、体験したいことや習いたいことができる有意義な環境づくりを目指しています。運動能力が向上する「キッズコーディネーションプログラム」やYMCA英語学校や日本語学校と交流する「異文化理解プログラム」また「英語で学ぼう」では、外国人講師等によるレクリエーションやゲームなでを通して、楽しく英語を学びます。


人気行事はこれ!

☆4・5年自然学校  

年1回の宿泊行事、自然学校は子どもたちの大好きな行事です。自然学校は、1924年から始まりました。当時、主事であられた河野保先生は、「生活、即、教育」と考えられ、大自然の中で、神様を賛美し、聖書をもナビ、神様がすべてのものを創造されたことを学び、共同生活をすることによって、心が育ち、友情の尊さがわかると教えられました。  

4・5年自然学校は、ラボランドくろひめで3泊4日行われています。縦割りのグループでロッジでの生活を自分達でつくりあげてきます。4日間生活を共にした友達とは、次第に仲間意識が生まれ、協力することの大切さ、助け合い支え合うことを学ぶことができます。


最新情報

  

2021年度(2020年度募集)説明会などの日程

 

◇オープンスクール  6月13日(土) 午前9時30分~12時30分(5月1日よりHPから申し込み)   

 

◇入試説明会  9月 5日(土) 午前9時30分~11時30分(8月3日よりHPから申し込み)

 

◇体験入学(年中児対象)   

2021年2月13日(土)  午前9時~11時30分     

(1月7日よりHPから申し込み)

 

*詳細については、本校HPを御覧ください

 

Q&A

(2020.6.23掲載)

貴校への入学を希望しております。 食物アレルギーのある児童の受け入れについて教えてください。(給食や調理を伴う授業に対する対応、発作時の屯用薬の管理等)

 

食物アレルギーのある児童の受け入れについて

【給食室のアレルギー対応について】
1. 食物アレルギーをお持ちの方は、入学時、あるいは食物アレルギーの診断が出たときに、「食物アレルギーに関する質問票」「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)を医師の診断書を添えて提出してください。毎年、年度初めに更新手続きをしていただきます。


2. アレルギー等で牛乳が飲めない児童は、「牛乳停止願」に医師の診断書を添えて、毎年4月に提出してください。その際は、持参した水筒の飲み物(お茶、または水)を給食時間に飲むことができます。


3. 「食物アレルギーに関する質問票」を提出され、必要な方には、給食の食材にアレルゲンが含まれている場合、御家庭にお知らせいたします。


4. 各自、献立表を見て除去をします。代替食の提供はいたしません。


5. 代替食をお弁当にして持参する場合は、連絡帳で担任にお知らせください。


6. 重度のアレルギー症状がある場合には、担任・養護教諭と入学後、給食が始まる前に面談等で対応を相談いたします。
発生時の頓服薬は、本人管理が難しい場合は、保健室で管理します。


7. 落花生、そばについては、給食の原材料として使用していません。


8. 卵については、85度以上加熱しているので、半熟や生の状態での使用はありません。


9.宿泊行事の場合は、事前に宿舎から献立表を受け取り、お知らせします。宿舎によ
   っては、代替食の提供をしてもらえるところもありますが、基本除去をします。


 10.1・2年生活科での調理体験、家庭科の調理実習は、事前にお知らせして対応します。

 

(2020.6.9掲載)

障害児の受け入れはされていますか? 弱き者に手を差し伸べよの精神を踏まえたお答えをお聞きしたいです。

 

本校では、聖書のみ言葉に基づく「心を清め 人に仕えよ」という言葉をスクールモットーとし、「人間を大切にする子ども」を教育目標の一つとしています。
障がいのある友達に対しても、障がいを一つの個性をして受け入れ、共に生きることを大切にしています。
障がい児の受け入れについては、現在の施設、スタッフの体制を考え、可能な限り受け入れています。しかし十分な対応ができないと判断した場合は、お子様の能力を十分に生かし伸ばしていくことが可能な学習環境で学ばれることをお勧めせざるを得ません。本校の受験を考えられたときに、個別にご相談させていただきます。

 

(2020.4.27 掲載)

Q:

休校期間中の授業は、いつから、どのような形で(例えば、WEBなのかペーパーなのか)実施されたのでしょうか。

 ※他に同様の質問がありました。

 

本校では、広範囲から公共交通機関を利用して通学する児童の安全を考えて、3月28日から休校措置を継続しています。4月になってからも一向に収束しないどころか深刻な状況が継続しているなかで
臨時休校中の学習の遅れをいかに少なく留めるか考え、児童やそれぞれのご家庭の状況をいちばんに考えてできることから、やらなければならないことから行っています。
当初は、5月11日の始業を目指していましたが、それも困難になりました。オンラインによる授業、google classroomの活用など検討しましたが、現在世界中でネットがつながりにくくなっている状況も鑑み、とにかく全児童が公平に同じような環境で家庭での学習を続けることを大切に考えました。
毎朝、全児童がご家庭の方と一緒に礼拝を守っていただくことができるように、時間を制限して全校礼拝をYouTube配信しています。礼拝だけではなく自宅でできる体操、体幹トーニング、英語で遊ぼう、学校の様子などを配信しています。
4月初めに在校生全員に教科書・教材を郵送、その後、毎週家庭学習課題を返信用封筒またはレターパックを同封して送付しています。家庭学習の内容は、4月当初は、前学年の復習を中心に進めていましたが、2週目からは、授業再開後、予定通りの時間数で授業を進めることはできないので、「みんなの学習クラブ タブレット版」を導入。NHK for schoolも有効活用して、それぞれの学年のシラバスに従って、学習の進め方を細かく指示して、課題プリント、ドリル、日記帳などのやり取りを全学年、全教科進めています。
郵送のやり取りだけでは理解が難しい場合もありますので、担任が週1回程度、各家庭で電話連絡をし、児童や保護者と一対一の会話を通して家庭での様子、健康状態、学習の様子などを確認し対応しています。児童も保護者も制限の多い不自由な厳しい生活を送っていますので、心のケアも必要ですので、電話連絡を続けています。
留守家庭児童を対象に、新入生も含めてYMCA青山学院横浜英和小学校アフタースクールは、関内の中央YMCAで開設しています。アフタースクールの保育士と連絡を取り合い、利用状況、児童の様子を把握し、礼拝などのYouTubeもアフタースクールでも見ることができるようにしています。

 

★中止連絡

2020年5月6日開催予定でした『神奈川私立小学校フォーラム』は、新型コロナウイルスに関する昨今の社会情勢を鑑み、中止とさせていただきます。 詳しくはこちら

 

・質問49 森村学園初 『校舎について』回答はこちら

 

・質問48 湘南白百合学園小『アフタースクールについて』回答はこちら

 

・質問46、47 森村学園初 『面接について』回答はこちら

 

・質問45 聖セシリア小『内部進学と外部入学について』回答はこちら

 

・質問44 桐光学園小『休校中の対応について』回答はこちら

 

・質問43 湘南白百合学園小『朝の登校時間について』回答はこちら

 

・質問42 精華小『カリキュラムや行事の変更について』回答はこちら

 

・質問41 清泉小『アフタースクールの送迎について』回答はこちら

 

・質問40 青山学院横浜英和小『食物アレルギーについて』回答はこちら 

 

・質問39 清泉小『カリキュラムや行事の変更について』回答はこちら

 

・質問38 横浜雙葉小『願書購入について』回答はこちら

 

・質問32~37 

日本大学藤沢小 回答はこちら

 

・質問31 湘南白百合学園小『英語授業について』回答はこちら

 

・質問30 捜真小 『女子の外部進学について』回答はこちら

 

・質問29 桐蔭学園小『小麦の産地について』回答はこちら

 

・質問28 カリタス小『図書利用について』回答はこちら

 

・質問27、26 精華小 『中学受験について』回答はこちら

 

・質問25 森村学園初『図書利用について』回答はこちら

 

・質問24、23 相模女子大学小『図書室について』回答はこちら

 

・質問22 青山学院横浜英和小『障害児受け入れについて』回答はこちら

 

・質問21 清泉小 『男児の進路について』回答はこちら

 

・質問20 捜真小 『男子の進学について』回答はこちら

 

・質問⑲ 聖セシリア小

『男子児童について』回答はこちら

 

・質問⑱ 桐蔭学園小 回答はこちら

 

・質問⑰ 聖ステパノ学園小 『費用について』回答はこちら

 

・質問⑯ 清泉小 回答はこちら

 

・質問⑮ 聖ヨゼフ学園小 回答はこちら

 

・質問⑭ 横浜雙葉小 『海外赴任・復学について』回答は こちら

 

・質問⑬ 湘南白百合学園小 『通学制限について』回答は こちら

 

・質問⑫ 横須賀学院小 回答は こちら

 

・質問⑪ 聖マリア小 回答は こちら

 

・質問⑩ 湘南白百合学園小 『英語教育について』回答は こちら

 

・質問⑨ カリタス小 回答は こちら

 

・質問⑦⑧ 湘南白百合学園小 回答は こちら

 

・質問⑥ 横浜雙葉小 『他学年との交流について』

回答は こちら

 

・質問⑤ 湘南白百合学園小 『休校中の授業について』

回答は こちら

 

・質問④ カリタス小
『男子の進学について』回答は こちら

 

・質問③ 青山学院横浜英和小

『休校期間中の授業について』

回答は こちら

 

・質問② 洗足学園小

『入学後の通塾について』

回答は こちら

 

・質問① 精華小

『緊急事態宣言中の休校時対策について』

回答は こちら